Llanguage

Count per Day

  • 493101総閲覧数:
  • 93今日の閲覧数:

【感想】マザー!(原題:mother !)【レビュー】

[:ja]こんにちは!

今回はマザー!のレビューしたいと思います!

【感想】マザー!(原題:mother !)【レビュー】

ストーリー

郊外で穏やかな暮らしを送っていた夫婦の家に、謎の男が訪ねてきた。妻はその男に不信感を抱いていたが、夫は快く迎え入れた。その日から、夫婦の家には代わる代わる訪問者がやってくるようになった。「このままでは何か良からぬことが起こる」という妻の訴えを真剣に取り上げようとしない夫だったが、彼女の不安はやがて現実のものとなった。

Wikipedia より

 

要するに、夫婦で静かに暮らしていたのにどんどん知らない人が増えていって、怖いな~と感じ作品です。

 

レビュー

世間では両極端な評価

本作は批評家の間で賛否が激しく割れている一方、観客からは酷評されており、シネマスコアで最低値となるF評価を獲得した。F評価が下されたのは2012年に公開された『ジャッキー・コーガン』以来のことである。

監督のダーレン・アロノフスキーは「この映画は一般の観客に向けて作られたわけではなく、ある特定の人たちへ向けたものである」と語っている。

Rotten Tomatoesでは25個の批評家レビューのうち84%が支持評価を下し、平均評価は10点中8.2点となった。

Metacriticでは12個の批評家レビューに基づいて、平均評価は10点中8.3点となった。

 

Wikipedia より

 

本作品の日本での公開は配給会社のパラマウントによって公開中止となりました。

世間では上記のように評価が割れており、私もこの作品は万人にはお勧めできないと思います。

その理由としては、血まみれでグロいシーンもあるがそこまでではなく、もっと問題なのは倫理的に過激なシーンがあることですね。性的なものとかではないのですが初見はかなりびっくりしました(笑)

 

この映画は何なのか

監督のダーレン・アロノフスキーの言う通り、「この映画は一般の観客に向けて作られたわけではなく、ある特定の人たちへ向けたものである」と私は思います。

多くのレビューが、聖書をもとに作られていて、主人公の女性は”地球”を表した環境破壊をテーマにしている作品であると述べています。

私もそうは思うのですが、ブラット・ピットの『ファイト・クラブ』を初めて見た時のような衝撃がこの作品にはありました。

何でしょう?なんかめっちゃガツンと来たんですよね!元気ややる気が出る感じというか、何かに”気づく”とかそういうものですね(笑)

 

確かに万人受けはしないですが、この映画を観て何か感じてほしい、そういう作品でした。

[:en]Hello!

Mother this time! I would like to review!

 

【Impression】mother!【Review】

story

A mysterious man came to the house of a couple who was sending a calm living in the suburbs. My wife had distrust of the man, but her husband greeted me well. From that day onwards, alternate visitors came to the couple’s house. She was a husband who did not seriously take up his wife’s appeal that “something good will happen as it is”, but her uneasiness eventually became reality.

From Wikipedia

 

In short, although the couple lived quietly, the number of people who do not know more and more increases, it is a scary feeling work.

 

Review

In the world extreme evaluation

While this work was intensely broken by critics among the critics, it was criticized from the audience and got the F rating which is the lowest value in the cinema score. F evaluation was given since “Jackie · Corgan” which was released in 2012.

Director Darren Alonovsky says “This movie was directed towards certain people, not for general spectators.”

In Rotten Tomatoes, 84% of the 25 critic review posted supportive evaluations, and the average rating was 8.2 out of 10.

In Metacritic, based on 12 critics reviews, the average rating was 8.3 out of 10.

From Wikipedia

 

The publication of this work in Japan was canceled by Paramount of distribution company.

In the world, the evaluation is broken as described above, I think that I can not recommend this work for all.

The reason is that there is a bloody and grotesque scene, but it is not that much, and the more problematic thing is that there is an ethically extreme scene . Although it is not sexual thing, it was quite surprising at first look (lol)

 

 

What is this movie?

As Director Darren Alonovsky says,  I think “this movie was intended for a particular audience, not for ordinary audiences” .

Many reviews are made on the basis of the Bible, and the woman of the hero says that it is a work which is the theme of environmental destruction which represents “the earth”.

I also think so, but there was a shock like this when I first saw Bratt Pit’s “Fight Club” for the first time.

What is it? Something really came with a gutsu! It is such feeling that we are energetic and motivated, or something “noticed” or something like that (laugh)

It certainly does not take a million people, but it was such a work that I want you to feel something by watching this movie.

[:]

Share it if you want!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。