Llanguage

Count per Day

  • 493274総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:

【ちょっと考察と妄想】『ファンタスティック・ビースト』【ハリーポッター・スピンオフ】

[:ja]こんにちは!今日は『ドクターストレンジ』の公開萎靡ですね!

もちろん僕は観に行きます!

さて今回はハリーポッターのスピンオフ、『ファンタスティック・ビースト』を少しだけ考察や妄想しながら書いていきます!

『ファンタスティック・ビースト』

 いつの話なのか

時代から考察していきます。

まあ公式にも言われていますが1926年のアメリカですね

アメリカの20年代と言えば黄金時代や狂騒の時代なんかと言われています。

禁酒法という単語が出てアルカポネが脳裏にちらついてワクワクしました。

僕この20年代がとっても好きですね。何とも言えない懐かしい感じや、きらびやかでおしゃれな感じ。この時代の構成も一つにジャズがあったりと…最高です。

ですから映画『キャプテンアメリカ・ファーストアドベンチャー』『華麗なるギャッツビー』やドラマ『ドクター・フー』で題材となった時はうれしかったですね。

このあとエンパイアステートビルや世界恐慌、WW2があって世界は暗黒へと向かっていくのを考えると感慨深いですね。『ローグ・ワン』のラストみたいです(笑)

更に、今回はハリーポッターシリーズの6,70年ほど前ですので映画作りが難しいと思われます。どういうことかというと、ハリーポッターで未来はどうなるのか分かっているので、何が起こってもハリーポッターの方で平和になることは分かっているので緊張感を出しにくいということですね。

しかし本編その辺を上手く作れていたと思います。ハリーポッター本編のことはちらつくんですが、それよりもアメリカ魔法界の文化や、目の前の魔法生物やオブキュラスのことで観客は頭がいっぱいになってそんなこと気にならなかったです。

 

 

あと蛇足ですが、この映画の撮影のセキュリティは凄まじかったらしいです。誰にもばれないように、出演者には撮影当日まで台本を教えず、しかもPCのボタンを押している間だけ台本は画面に映し出され、セリフを覚えるのが大変だったみたいです。

『ファンタスティック・ビースト』シリーズの今後の展開予想

さて、個人的には本編でのダンブルドアやグリンデルバルドの存在感が半端なかったですね。(笑)

まずはグリンデルバルドがどのような人物か整理しましょう。

・ヴォルデモートが出てくるまでは最強の闇の魔法使い。

・ダンブルドアの前の「ニワトコの杖」の所有者

・ダンブルドアに倒され、牢獄に入れられる。この時に「ニワトコの杖」の所有者はダンブルドアに

・牢獄でヴォルデモートに殺される。(原作では殺されていない)また、ヴォルデモートに闇の魔法使いになっても意味はないというなど、老人になってからは改心している様子。

ここまでは映画でも出てきましたね。

しかし原作では語られたのですが映画では語られなかった最重要事項があります

・昔、少年期のダンブルドアとグリンデルバルドの地元は同じで、更に親友だった。

・しかしマグルに対する見解の違いから決闘と始める。

・その時の決闘でダンブルドアの妹は死んでしまう。

・二人は絶交、次に出会ったのはグリンデルバルドが牢獄に入るきっかけになった戦い

上記は他にもいろいろあるのですが、端的に言うとダンブルドアも完璧な人ではなく、闇の部分もあった。僕は映画ではこのところ省かれていてちょっと不満でしたが、今回の『ファンタスティック・ビースト』は五部作であるみたいなので、やっぱりこの部分を描くのかと思います。

また、妹が死ぬきっかけの決闘はかなりダンブルドアにとってトラウマらしく、『謎のプリンス』でも終盤毒薬を飲んだダンブルドアの見たいた悪夢はこの決闘だったと後でわかりました。

更に、ダンブルドアがどうして死の秘宝を集めていたのかというと、妹に会うためでした。だから、死者をよみがえらせるという指輪を手に入れたときに、何の疑いもなくはめ、左手を失ってしまったのです。

上記を踏まえ、完全に妄想ですが、このシーリズの今後は若かりしダンブルドアのvsグリンデルバルドをやって、『賢者の石』以前の不死鳥の騎士団vsヴォルデモートの戦いをやって、最後に『賢者の石』の冒頭につながる映画構成になるのかなと思っています。

[:en]Hello! Today is the widespread announcement of “Doctor Strange”!

Of course I will go to see!

Well this time I’ll write about Harry Potter’s spin-off, “Fantastic Beast” with a little thought and delusion!

“Fantastic Beast”

 

When is it the story?

I will consider it from the era.

Well Officially said, it is America in 1926

Speaking of American ‘s 20s, it is said to be the golden age or the era of madness.

The word abstinence law came out and Alcapone flickered over my mind and I was thrilled.

I like this 20’s very much. Feeling nostalgic which can not be said anything, fancy and fashionable feeling. There is jazz in the composition of this era as well … It is the best.

So it was a pleasure when you became the subject of the movie “Captain America · First Adventure”, “Brilliant Gatsby” and Drama “Doctor Who”.

It is deeply emotional to think that the empire state building, World Depression, WW 2 will follow and the world will head towards the dark. It seems to be the last of “Rogue One” (laugh)

In addition, this time it is about 6 or 70 years ago in the Harry Potter series so it seems difficult to make a movie. What does it mean? Harry Potter knows what the future will be like, so whatever happens, you know that Harry Potter makes peace, so it’s hard to get tension.

However, I think that I was able to make the neighborhood well. Although Harry Potter’s main thing flickers, audiences became full of minds because of the culture of American magic circle and the magical creatures in front of me and Obscuras than that, I did not mind that.

After that it is a snake feet, but the security of filming this movie seems to have been terrible. As not to anyone, the performer did not tell the script until the shooting day, and the script was displayed on the screen only while pushing the button of the PC, it seems tough to learn the dialogue.

Future estimate of “Fantastic Beast” series

Well, personally there was not a sense of presence of Dumbledore and Grindelwald in this volume. (Lol)

Let’s first organize what kind of person is Grindelwald.

· Until Voldemort comes out the strongest dark wizard.

· Owner of “Elder Queen’s Wand” in front of Dumbledore

· Dumbledore is knocked down and put in prison. At this time the owner of the “elder stalk” got to Dumbledore

· In a prison killed by Voldemort. (It is not killed by the original) Moreover, it seems that it turns out that after becoming an old man, saying that there is no meaning even if it becomes a wizard of darkness in Voldemort.

So far in the movies it came out.

However, although it was told in the original, there is the most important matter which was not told in the movie

· In the past, locals of childhood Dumbledore and Grindelwald were the same, they were even better friends.

· However, starting with a battle due to differences in opinion on the muggle.

– At that time battle Dumbledore’s sister will die.

· They celebrated, the next time I met was the fight that made Grindelwald into the prison

There are many other things mentioned above, but to put it briefly, Dumbledore was not perfect person, there was also a part of darkness. I was somewhat dissatisfied with the movie and I was slightly dissatisfied with it, but since this “fantastic beast” seems to be a five-part work , I think whether I will draw this part after all.

In addition, it seems to be a trauma for Dumble Door to be a chance for his sister to die, and it turned out later that the nightmare I wanted to watch by Dumbledore who drank poison at the end even in “Mysterious Prince” was this battle.

In addition, why Dumbledore gathered the treasure of death was to meet my sister. So, when I got the ring that raised the dead, I got it without any doubt and lost my left hand.

Based on the above, it is perfectly delusive, but in the future of this series it is young and doing vs Grindelwald of Dumbledore, doing the battle of the Phoenix vs. Voldemort before “The Stone of Sage”, and finally “the wise man I wonder if it will be a movie composition leading to the beginning of the stone.

 

[:]

Share it if you want!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。