Llanguage

Count per Day

  • 493101総閲覧数:
  • 93今日の閲覧数:

【感想】雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(原題:Demolition)【レビュー】

[:ja]今回は雨の日は会えない、晴れた日は君を想うをレビューしていこうかと思います!!

【感想】雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(原題:Demolition)【レビュー】

予告はこちら

 

ストーリー

デイヴィスは義理の父親(フィル)が経営する投資銀行に務めており、その優秀さは周囲からも一目置かれるほどであった。しかし、自動車事故に巻き込まれ、デイヴィスは妻(ジュリア)を失い、自らも負傷した。入院中、デイヴィスは自販機で飴を買おうとしたが、不具合で買うことができなかった。言いようのない苛立ちを抑えられなかったため、彼は直ちにカスタマーサポートに電話して苦情を申し立てた。苦情をまくし立てているうちに、デイヴィスはいつの間にか妻を失った悲しみを吐露していた。それを聞いていた担当者(カレン)は彼の境遇に同情的になり、つい自分のつらい過去を話してしまった。会話が終わる頃には、デイヴィスとカレンの双方が穏やかな心境になっていた。しかし、彼の悲しみが完全に癒えたわけではなかった。デイヴィスは早々に仕事に復帰したが、かつてのように仕事にやりがいを感じることができなくなっていた。通勤中、デイヴィスは顔なじみの乗客に「俺はジュリアを愛していなかったのだと痛感した。彼女が亡くなったのに、俺は悲しみや苦痛を一切感じていないんだ。」と漏らした。

Wikipedia より

 

感想

「俺はジュリアを愛していなかったのだと痛感した。彼女が亡くなったのに、俺は悲しみや苦痛を一切感じていないんだ。」

主人公デイヴィスは優秀な銀行マンです。

しかし妻を亡くしたときに思ったことは何もありませんでした。

 

私なりの解釈ですが、デイヴィスは優秀な人物とはどういうものなのかを熟知し、それを演じていたのではないかと思います。

つまり非常に理性的な人物であるというわけですね。みんなが望む”デイヴィス”をずっと演じてきたわけです。

 

妻を亡くしたときの反応は、演じるときは号泣とか悲しい態度をとるわけです。

しかし実際は感情が理性を上回り、演じることができなかったわけです。したがって彼は混乱してしまい、「俺はジュリアを愛していなかったのだと痛感した。彼女が亡くなったのに、俺は悲しみや苦痛を一切感じていないんだ。」と言ったのだと思います。

 

原題のタイトルにもあるように、本作はDemolition(解体)をテーマにしています。

予告にもあるようにデイヴィスは周りのものを解体していくんですよね(笑)

それは家もですし、偶然出会った女性の環境もある意味解体していきます(笑)

”家”を解体する=本当のデイヴィスを見つけていくストーリーで、しんみりとした日本人向きなストーリーでした。

[:en]I do not see rainy days this time, I think whether to review the thought of you on a sunny day! !

【Comment】Demolition【Review】

Preview is here

 

story

Davis is serving as an investment bank managed by his father-in-law (Phil), and its excellence has been at a glance from the surroundings. However, involved in a car accident, Davis lost his wife (Julia) and injured himself. During hospitalization, Davis tried to buy candy with a vending machine, but he could not buy it due to a problem. Because I could not suppress my irritating irritation, he immediately called a customer support and filed a complaint. While rebuilding complaints, Davis was releasing the sorrow that lost his wife unnoticed. The person in charge (Karen) who was listening to it became sympathetic to his circumstances and talked about his painful past. By the time the conversation ended, both Davis and Karen had a calm feeling. However, his sorrow was not completely healed. Davis returned to work early, but as I used to, I could no longer feel challenging to work. During commuting, Davis told passengers with a familiar face, “I felt that I did not love Julia, although I died, I did not feel any sadness or pain.”

From Wikipedia

 

Impressions

“I felt strongly that I did not love Julia, I have not felt any sadness or pain, even though she died.”

The main character Davis is an excellent bank man.

But when I lost my wife there was nothing I thought.

Although I interpret it, I think that Davis knew exactly what it is and that he was playing it .

In other words, it is a very intelligent person . I’ve always played “Davis” everyone wants .

The reaction when I lost my wife takes a sad stance like crying when I play.

In fact, however, the feelings exceeded the reason and I could not play. Therefore, he got confused and realized that “I did not love Julia, I told him I felt no sorrow or pain, even though she died.” think.

As the title title also, this work is based on Demolition (dismantling).

Davis is going to dismantle the surroundings as it is also in advance notice (laugh)

It is a house, and the environment of a woman who I met by chance is also decomposed in a certain sense (lol)

Demolition of “house” = a story that finds true Davis, it was a story that was friendly to the Japanese people .

 

[:]

Share it if you want!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。