Llanguage

Count per Day

  • 557812総閲覧数:
  • 118今日の閲覧数:

【考察・レビュー】『ワンダヴィジョン第6話』(WandaVision)【感想・イースターエッグ】

*全部重要*第六話を見終えて

X-MENの導入

今回結界を通ると少なからず身体に異変が起こることが公式にわかりました。

この現象について私は“X-MENにおけるミュータントの導入”なのではないかと思います。

どういうことかというと、X-MENが公式でMCUに参戦することが発表されましたが、ここで一つ問題があります。それは、X-MENのメインテーマであるミュータントの存在です。流石にMCUの世界には実はミュータントがいて、エンドゲーム後登場してきますというのは流石にご都合過ぎませんか?エンドゲームまでに世界的大事件はたくさんあったのに、今まで何をしていたのかと笑

なので、このマキシモフ事変によってあの町にいる人々にX因子が生じ、今後彼らがX-MENになるのではないかとちょっと考えました。あとワンダはコミックで暴走し、ミュータントの能力をすべて消し去る現実改変を行ったりしています。なのでMCUでは逆に生み出すのかなと思いました。

征服者カーン

ワンダヴィジョンとはあまり関係ありませんが、X-MENの導入としてタイムトラベルで有名な征服者カーンのMCU登場説も推しています。

http://deathbattlefanon.wikia.com/wiki/Kang_the_Conqueror

征服者カーンとは、コミックでは未来から来た人物で、サノスのようにアベンジャ―ズと何度も衝突する有名なヴィランです。

彼の強みは、様々な時間から自分を呼び寄せて戦うところですね(笑)。コミックだとカーンは古代エジプトにタイムトラベルし、そこでアポカリプスという化け物を生み出します。実はこのアポカリプスがミュータントの祖であり、つまりカーンはミュータントを生み出した現況とも言えるのです。しかしエンドゲームで過去を変えても未来には影響が無い事がわかったので、今回私が予想したワンダによるマキシモフ事変がミュータント出現のきっかけになるのではないでしょうか。

カーンについて更に詳しくは次のWikipediaを参照してください(笑)

ちなみにカーンはコミックではファンタスティック・フォーのヴィランであるドクター・ドゥームやX-MENのアポカリプスとも因縁があるキャラクターです。

そう。この2人は買収されたFOXが権利を持っていましたキャラクターです。

もしかしたらディズニーは征服者カーンをMCUの次のメインヴィランにするために買収したのではないかと思います。

白目(カタラスト)作戦

https://mcu-fan.com/vision/

ヘイワードのPCにあった白目(カタラクト)作戦ですが、これは一体何なのかという話ですね。白目といえばコミックにおけるヴィジョン達シンセソイドを思いつきますが、ワンダヴィジョンだとヴィジョンやFOX版ピエトロの死の幻影が思い浮かびます。

ヘイワードがヴィジョンを監視すること、つまりヴィジョンを使って何かすることが白目作戦のようです。今までのヘイワードの発言から能力者へのヘイトなど見受けられます。なので、ヴィジョンのマインド・ストーンを使って能力者を操りすべて殺し合いさせる。つまり死人=白目だから白目作戦なのではないでしょうか

第七話予想

現在本編未登場の予告シーンを流していきます。

やはり第七話はシットコムではなくメイキング風にストーリーが進みそうですね

ドッティが庭で何かを見つめています。ワンダとヴィジョンの戦いを見ているのではないでしょうか

やはり二人は戦いそうですね。

スペース・ストーンとマインド・ストーンっぽいですね。ワンダの服装が患者っぽいのはAIMに捉えられたから?

ファルコン&ソルジャー予告

ファルコン&ソルジャーの新予告が!!!

まず音楽が超かっこいいですね!!!ワンダヴィジョン放送終了後2-3週間したら放送とかめっちゃ熱いです!!!予で流れていた曲は以下です!

本作のヴィランはシビル・ウォーのジーモです!コミックでは紫のフードをかぶったバロン・ジーモとして知られており、ドラマでもその姿になるみたいですね!あつすぎる!!詳細は以下です!

第七話について

第七話についてはこちら!!

Share it if you want!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。