Llanguage

Count per Day

  • 548809総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:

【考察・レビュー】『ワンダヴィジョン第7話』(WandaVision)【感想・イースターエッグ】

*全部重要*第七話を見終えて

アガサ・ハークネスの気になる所

アガサの気になるところがいくつかあるので書いていきます!

魔法・魔術・力の源流はインフィニティ・ストーン

今現在MCUにはドクター・ストレンジに出てきた正義の魔術と闇の魔術と、ワンダ、アガサの魔法がでています。マイティ・ソーのは魔法のように見えますが超発達した科学なのかなとおもってます。あ、でもビフレストとかは魔法ですね。

それぞれのパワーの源は、

魔術

古来より伝えられてきた、“多元宇宙”にアクセスし強力なパワーを引き出すための技法。呪文と身振りにより構成され、魔術師たちは呪文によって自らの思考を、身振りにより肉体をそれぞれ集中させ、魂を制御することで思考を現実化することができる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%83%BB%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7#%E9%AD%94%E8%A1%93%E9%96%A2%E9%80%A3

“多元宇宙”にアクセスがポイントです

ちなみにドクター・ストレンジがタイムストーンを使った魔術を行った際は緑のエフェクトです。

闇の魔術

暗黒次元由来の魔術。この魔術の使い手は、暗黒次元の魔力の影響により額にドルマムゥの紋章が赤く浮かび上がり、目元は黒くひび割れている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%83%BB%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7#%E9%AD%94%E8%A1%93%E9%96%A2%E9%80%A3

ドルマムゥがいるダークディメンションがパワーの源であることがポイントです

ワンダの魔法

赤いエフェクトの魔法で、エイジ・オブ・ウルトロンのストラッカーのマインド・ストーンを使った実験によって身につきました。精神攻撃や念動力など行えます。目も赤く光ります。

アガサの魔法

紫色のエフェクトの魔法で、精神攻撃や念動力を行えます。あとはFOX版ピエトロの創造。今の所ワンダと結構似てますね。

魔法と魔術まとめると

魔法と魔術以下のようにまとめました。一応このあとの考察のため、いくつか魔術師や魔法使いと言われていないキャラクターも追加します

名前力の源エフェクト目が光るか
魔術多次元宇宙オレンジNo
魔術(タイムストーン)タイムストーンNo
闇の魔術暗黒次元透明Yes(ただれる)
ワンダマインド・ストーン?Yes
アガサYes
ピエトロマインド・ストーン?Yes
ヴィジョンマインド・ストーン?黄色光らないが、目は青い
キャプテン・マーベルスペース・ストーンオレンジ?黄色?Yes
モニカYes

まず魔法・魔術と書いていますが、英語だとどちらもMagicなので名前で区別とかはなさそうですね。闇の魔術は特殊な異次元からのパワーなのでひとまずおいておくと、どの魔法・魔術もエフェクトの色がインフィニティ・ストーンなんですよね。

ちなみにエンド・ゲームの最初にサノスがインフィニティ・ストーンを砕いたと言ってますが、存在が消えたわけではないです。

つまり!魔法・魔術の源はインフィニティ・ストーンなんです!!!!!なのでアガサはパワーストーン、ワンダはリアリティ・ストーン、ストレンジ達はソウル・ストーン(たまにタイムストーン)と対応してるんです!!

といいたいのですがいくつかもあります。

  1. ピエトロもマインド・ストーン由来なのに魔法は使えなそう(でも高速移動が魔法なのかも)
  2. キャプテン・マーベルはスペース・ストーン(四次元キューブ)由来だから彼女も魔女?
  3. モニカの目は青くなった。今回インフィニティ・ストーンが絡んでるとしたら彼女も魔女?
  4. ワンダはマインドでパワーを得たのにリアリティ・ストーンと結びついている
  5. ピエトロも青いエフェクトなのでスペース・ストーンっぽいが、力のきっかけはマインド・ストーン
  6. ワンダとアガサの魔法で出来ることは似ているが、この節で元になっているインフィニティ・ストーンは異なる
  7. 眼が光るか光らないかの違い

などありますね。これらを踏まえ、自分なりにドクター・ストレンジたちと、ワンダとアガサとキャプテン・マーベルとモニカとピエトロとヴィジョンの違いを考察していきます。

ドクター・ストレンジ達のような魔術師は“多元宇宙”にアクセスし強力なパワーを引き出す技を使う。なので生身の人間でも技術さえあれば可能。また、自分や他人をアストラル体にできることから魂への干渉を得意とするソウル・ストーン系のパワーが源

http://zokeifile.musabi.ac.jp/%E8%89%B2%E7%9B%B8%E7%92%B0/

ワンダとアガサとキャプテン・マーベルとモニカとピエトロの魔法は、人体実験や事故等により身体の構造ごと変化して得られる。この変化により彼らはインフィニティ・ストーンへのアクセスを可能にし、いずれかのパワーを使える。ただし、上記の色相環のように近い色のストーン・パワーも少し使える。なのでワンダとアガサは似たようなパワーを使える。また、ワンダとピエトロのように、あるインフィニティ・ストーンを使ってパワーを得ても、そのストーンに一致するパワーとは限らない。彼らの特徴として力を使う際は目が光る。最後にキャプテン・マーベルは特殊で、複数のインフィニティ・ストーンとつながっているため輝いている。ヴィジョンは人造人間のため例外。

こんな感じでしょうか。

当たるといいな~~

アガサの家にあった本はダーク・ホールド

アガサの家にあった本はダーク・ホールドではないでしょうか?この本は『エージェント・オブ・シールド シーズン4』に登場した絶対に破壊できない邪悪な本です。この本を読むと無から有を生み出す能力を得たり、異次元の扉を開いたりと半端ないパワーをもたらしてくれます。ですが、シーズン4の最後ゴーストライダーがこの本をもって異次元に旅立ったような…笑

https://marvelcinematicuniverse.fandom.com/wiki/Darkhold

ドラマだと上記のようなデザインでしたが、なんせやばい本なので見た目が変わっても納得行くかも笑

ゴーストライダー再登場?

https://kaigai-drama-board.com/assets/medias/2016/11/20161113-15678.jpg
https://kaigai-drama-board.com/posts/2604

前述したようにダークホールドとゴーストライダーは密接な関係なので、もしあの本がダークホールドであれば再登場有り得そうですね。

アガサとヘイワードはつながっている?

他の記事に詳細ありですが、本ブログではヘイワードはAIMのエージェントで、アガサはAIMに捉えられており、アガサは自分が助かるためにワンダを助けるのではないかと述べましたが、第七話をみるとどうやら違うみたいですね笑。この考察しがいのあるMCUはホント最高です。

ヘイワードのシーンなどみると、彼自身はこのマキシモフ事変は想定外で、本当はこっそりヴィジョンを研究し、復活させ、AI兵器として使おうとしていたみたいですね。

一方アガサは今回のマキシモフ事変すべて彼女の思惑通りっぽいです。なので二人はつながっていないんですかね?じゃああの六角形はアガサがあえて使っているってことになりますよね。つまりアガサがAIMのエージェント?それとも六角形はAIMを示唆しているのではないということ?難しいです…

さて、アガサの目的を考察しましょう。

ズバリ!!インフィニティ・ストーンの復活と、ワンダとヴィジョンの子供を含む大量の児童拉致です。

まずインフィニティ・ストーンの復活はおそらく自分が手に入れるためでしょうね。今までは他の惑星や神々が保有していましたが、いま地球で復活させれば一瞬でゲットですし。じゃあどうやってインフィニティ・ストーンを復活させるかということですが、ワンダのパワーの暴走させて彼女の限界を引き出し、その力をつかうことではないでしょうか。なのでアガサはワンダのパワーは彼女自身の精神状態に左右されるのを利用して、ワンダヴィジョンという精神的に追い詰めるドラマにワンダを閉じ込めているのではないでしょうか。

確か上記のシーンはまだ出てなかったので、第八話ではヴィジョンVS操られたワンダになるかもしれませんね。

続いて子供の誘拐ですが、まずアガサはなぜ子供をいただこうと考えているかと言うと、子供を食べることで彼女のパワーの増強と、若返りをもたらすのではないでしょうか。この食べるというのは第七話で噛み付いたことがあるとインタビューで答えていたことから着想を得ています。次にパワーの増強と若返りですが、ワンダがアガサの家に来たときセミがいましたよね。

セミといえば土に潜って外に出てくることです。そしてアメリカのドラマなので一週間しか生きられない儚い虫というよりは、中国の復活や生き返りという伝承をイメージして制作陣は登場させたのかなと思います。この土の中というのはワンダヴィジョンの第一話から第七話でアガサは正体を隠し潜伏していたことを示してますね。続いて子供と言えば”若い・幼い”ことですね。このセミはアガサが若返ったり生命体としての昇華をするために子供を誘拐したんだよってことを暗に示しているのかなと考えています。

なのでワンダにヴィジョンとの子供を作らせれば超強い子供が手に入ってラッキーなんて彼女は考えてるのではないでしょうか。

アガサはなぜ多次元を開ける?

アガサはワンダを惑わせるためにFOX版ピエトロを創造/もしくは召喚しました。ここで重要なのはなぜFOX版を連れてきたのか、その手段はなにかということです。

手段の答えはアガサはダークホールドを使ってマルチバースを開いた説が有力です。FOX版ピエトロを連れてきたのはワンダを不安定にさせるためにあえてよくわからない存在を連れてきたってことでしょうか?もしくは本物のFOX版ピエトロ参考にして偽物のFOX版ピエトロを創造したですね。

喋りかけた人物は?

ワンダに対して(おそらくヴィジョンも)インタビューしていた人物はアガサでした。アガサにインタビューしてたのは誰なんでしょうね笑

ワンダのインタビュー中に

アガサ

これってバチがあたったとか?

と聞いたのは、彼女を追い詰めるためですかね?ゾッとします。

謎の根っこ

アガサの家の地下にある木の根っこもよくわかりませんね。もしかしてこれもワンダのちからで見た目が変えられている可能性もあります。予想ですが電気ケーブルで、あの地下は巨大な研究施設なのではないでしょうか?もしかしたらアガサは魔女ではなくただのAIMの科学者ってこともあるかもしれません。

アガサは別の次元から来たアガサ?

アガサに関して他にも説は唱えられます。それは他の次元から来たアガサ説です。これは、コミックのアガサ・ハークネスは一応ワンダの師匠なので、ヴィランで登場は違和感があったからです。なのでワンダヴィジョンに出てきたアガサは他の次元からやってきた悪のアガサかもしれないです。

ウェスト・ビューでの出来事はすべて脚本通り

第七話ですべてアガサが計画したことというのがわかりました。どんなものがあるかというと

  1. ヴィジョンの復活
  2. ワンダの精神が不安定に
  3. スパーキーの殺害(子供の精神的な成長を促すため?)
  4. FOX版ピエトロ
  5. ワンダの結婚と出産
  6. ヴィジョンが外へ出ようとすること
  7. ワンダのヘックス拡張

などです。上記について本ブログでは予想しているものが多くあるので、ぜひ第八話と第九話では明らかになってほしいですね。

モニカのパワーは?

モニカとヴィジョンの目の色は同じ青色なんですよね。これはマインド・ストーン由来ということを示しているのですかね?う~ん謎。

あとはコミックだと光の戦士だったのに今回青い戦士でしたね。

関連は不明ですが、マインド・ストーンは元々ロキの杖に入ってました。ロキの杖では人の操作が可能で、操作されている人間は以下のように目が青くなります。

う~んやはり謎ですね

第八話レビュー

第八話についてはこちら!

Share it if you want!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。