こんにちは!

今回は8月11日公開のスパイダーマンについてトレーラーを元に予想を書いていきます!

『スパイダーマン・ホームカミング(原題:spiderman homecoming)』

 

映画のレビューはこちら

【考察・レビュー】『スパイダーマン・ホームカミング(原題:SPIDERMAN HOMECOMING)』【感想・トリビア】

スパイダーマンといえば私の世代だとトビー・マグワイア版がドンピシャですね。

映画詳しくないと知らないと思うので言っておきますと、本作は2回目のリブートですね。

リブートとはキャストやスタッフを一新して最初から作り直すという意味ですね。

今までだと

『スパイダーマン』『スパイダーマン2』『スパイダーマン3』というシリーズものと、『アメイジングスパイダーマン』『アメイジングスパイダーマン2』というシリーズものがありました。

本作ではMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマンが参戦してからの初の単独映画!!

なのでとっても期待してます!!

MCUって何?って方には以下記事をどうぞ

【知らない人向け】『MCU(マーベルシネマティックユニバース)とは』【MARVEL】

MCU版スパイダーマンが初登場したのは『キャプテンアメリカ・シビルウォー』ですね。色々と重要な作品なので、ぜひ見ておいた方がいいです(シビルウォー観るためにも色々な作品を観る必要がありますが…)

本記事の参考資料↓

『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィラン・チーム、MCU作品と設定が繋がりまくり?ヴァルチャーの設定に続報も

予告編1・予想×考察

さて、分析していきましょう

トニースターク登場

スパイダーマンの師匠のようです

つまり時系列はシビルウォーの後なので、MCUでは一番最新であることがこのシーンでわかります

シビルウォーで色々なことがあったので、頼られる存在がいるというのはトニースタークにとってかなりの心の支えでしょう

エイリアンテクノロジーで強盗を行っているシーン

『アベンジャ―ズ』に出てきた異星人軍団・チタウリの死体から得た技術で作ったのでしょう

アベンジャ―ズのお面(笑)で強盗する集団

紫の電撃を発するアーマー

なんとこれは『シビルウォー』のヴィラン、クロスボーンの技術だそうです

http://move-star.com/wp-content/uploads/2016/03/captain-america-crossbones-fight-pic-e1457692243511.jpg

http://move-star.com/wp-content/uploads/2016/03/captain-america-crossbones-fight-pic-e1457692243511.jpg

我々

つまりヴィランは複数人

今回のメインヴィラン・ヴァルチャー

元はヒーローやヴィランが破壊した町などを清掃する会社の社長でしたが、トニースタークも清掃業を始め、仕事が奪われたことによって悪者になったらしいです。

このヴァルチャーはトニースタークがもしも悪者になったら?という意味も込めて、このような設定らしいです。

翼などの技術は今までのMCUで登場したヴィランの物だそうで、ウルトロン、クロスボーン、チタウリなどの意匠もあるらしい

熱いなあ!!

コミックス版

http://fs-news.jp/wakuwaku/wp-content/uploads/2016/08/BZZ1m_s.jpg

http://fs-news.jp/wakuwaku/wp-content/uploads/2016/08/BZZ1m_s.jpg

スパイダーマンを諫めるトニースターク。背景からアベンジャ―ズの施設内だとわかる

なぜか軍人?に狙われるスパイダーマン

まだヒーローとして活動して間もないから、世間の認識はスパイダーマン=ヴィランといった感じかな?

紫の武器を使うヴァルチャー

つまりクロスボーン型の武器や強盗の武器はヴァルチャーが提供してたのかな

やばいなこいつ

割れる船を食い止めるスパイダーマン

このシーントビー・マグワイア版の『スパイダーマン2』の電車シーンのオマージュですね!!

アイアンマンと仲良く飛ぶスパイダーマン

ここにヴィジョンがいないのが気になりますね

ヴィジョンは何してるんだろう

予告編2・予想×考察

さて、分析していきましょう

トニー作スーツ

胸のマークはドローンにもなるみたい(笑)

まだ新米であり子供であるスパイダーマンのピーターパーカーには無茶をしてほしくないのでこのようなことを言うんですね

優しいけど絶対ピーターは単独で行動しますよね

オタク友達にバレる

ちなみにレゴのデススターを持ってますね

危ない真似はしたくない模様

親のようですね

結局手作りスーツで行動する模様(笑)

まとめ

多分、本作ではスパイダーマンが世間に認められるまでと、正式にアベンジャ―ズに加盟するまでをやるのだと思いますね

それによってインフィニティ・ウォーにスパイダーマンが参戦するのも頷けますね。

しかしヴィジョンどうしてしまったのでしょうね

もしかしてすでにサノスにインフィニティ・ストーンを奪われてしまっているとか?

気になりますね。

今のところはこのくらいですね

楽しみです。

あとこのヴァルチャーの登場によってヴィラン軍団シニスターシックスも2作目に登場するんではないかと思いますね!コミックス的にもかなりの人気をもつ敵チームなので期待です

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Kotaku/Kotaku_201409_the-sinister-six-thoughts.jpg

以上です!

 映画のレビューはこちら

【考察・レビュー】『スパイダーマン・ホームカミング(原題:SPIDERMAN HOMECOMING)』【感想・トリビア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。