Llanguage

Count per Day

  • 493274総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:

【考察×感想×ネタバレあり】『ムーンライト(原題:Moonlight)』【深い】

[:ja]こんにちは!

今回はムーンライトについての考察と感想を他の記事よりもだらだらと書いていこうと思います!

なんとこの映画。私はFilmarksというところの試写会に行ってきました!

今回の感想で高尚な感想とかあれば、それは試写会での深田浩司監督の受け売りです(笑)

あとアカデミー作品賞、助演男優賞、脚色賞受賞おめでとうございます!!!

エグゼクティブ・プロデューサーがブラット・ピットなのは驚きでした。

『ムーンライト(原題:Moonlight)』

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに・・・

ムーンライト(2016)の映画レビュー(感想・評価)・あらすじ・キャスト | Filmarks

ストーリーはリトル(小学生くらい)・シャロン(高校生)・ブラック(大人)という3つの時代のシャロンを描いていました。

ひとつひとつの時代のストーリーは本当にシンプルで、リトル時代にいじめられていたシャロンが麻薬バイヤーのフアン(助演男優賞受賞)と出会い影響を受ける。シャロン時代ではケヴィンとキスをするが、そのあとシャロンが苛めっ子への復讐をしたことによって逮捕されて終わり、ブラック時代では内気だったシャロンはすっかりと変わり、麻薬バイヤーになっているところから始まって、最後に旧友のケヴィンとキスをして終わるという構成でした。

この映画を観るための事前知識

アメリカの黒人コミュニティーについての知識が必要ですね。

特にコミュニティーでも低所得の層ですね。そこでは麻薬が蔓延っており、同性愛もそこまで珍しいわけでもなく、あ、同性愛なんだ~という感じで認知されています。しかし同性愛は珍しくはないのですがコミュニティーでは嫌がられるので苛めの対象などにはなります。

リトル時代

シャロンはいじめられっ子でしたね。あとコミュニティが黒人だけでした。結構その辺があの地域ではあまり治安も良くない貧困層であることを表してますね。

フアンさんの初登場も面白かったですね笑

どう見ても堅気じゃなく、あ、やべえ殺されるって感じで笑

でもフアンとその奥さんはかなり良い人で、台詞とか一切ありませんがバイヤー以外の生きかたを知らなそうでしたね。仕方なくバイヤーをやってるという。悪いことってわかってるけどやってる感じがリアルでした。

しかもシャロンの母親はジャンキーでその薬はフアンから買っているという…でもフアンはシャロンの母親に薬は止めろって言ってましたね!売ってるのは自分だけど笑

フアンとの海水浴も良かったです。

親子のような描写は父親のいないシャロンに大きな影響を及ぼしていることがわかりますね。

フアンの台詞とかでは彼の過去とか全く分からないのですが、色々なことを抱えて生きている感が出てるのはやはり助演男優賞ものでした。

 

シャロン時代

母親がもう手に負えないくらいのジャンキーになってたのがショック…やっぱり人は変わらないのかあ

シャロンも結局内気なままで、いじめられててリアルでした。

フアンも亡くなってましたね。多分抗争とかそういうのですかね?わかりません。

ぶち切れるシーンはよかったです!なんだろう。彼の中で何かが壊れたという

超自然?ですよね!後先考えずマジぶっ殺してやるって感じで(笑)

月の光の下、海辺でのシーン

ちょっと気まずくて甘酸っぱいシーン。映像もきれいでした

ブラック時代

なんとシャロン麻薬ディーラーに!!!

ええええええええええ

どうやらムショで習ったようですが、その地位に就くまでにはやはりいろいろあったのでしょうが端折られています。

見た目もフアンみたいになってかなりかなり強面ですが、内面はどうやら変わらない模様

あの母親はというと、薬からは抜け出して施設に入っているようです。かなり反省して、シャロンとは仲直りしましたね。良かったです。

今まで3つの時代のシャロンがいましたが目の表情がほんっとそっくり!!

そしてなんとケヴィンから連絡が

ケヴィンもあの後軽犯罪とかでムショ入りしたみたいですが今は自分のレストランを持っている模様。

そんなケヴィンからしたらシャロンお前…なんで麻薬ディーラーやってんだよといった模様。

しかしねぇ、ケヴィンやさしい!温かい人でした!

この時流れた音楽もロマンチックで昔のことを思い出しそうでした。

全体的に

個人的には本映画かな~り地味で、作品賞取ったのはちょっと政治色強いなと(笑)

でも深田浩司監督の解説を聞いたら結構好きになりましたね。

まず一つが重要な箇所が結構端折られてる

えっ!?ここ端折って次の時代いくの?!とか多かったですね(笑)

フアンの死とかシャロンがどのような経緯で麻薬ディーラーになったのかとか

そこが結構映画作りとしては勇気のいる作り方をしていますね。

それに本人にしか知り得ないことは極力この映画では見せないという感じにも捉えれました。

現実だと友人とか知り合いってこんな感じなんだと思います。隣のクラスで知り合いが大暴れしたとか友達が問題起こしたとかって、実際にはそれに至った経緯とか本人にしか知り得ないのです。数年、数十年ぶりに会った友人の見た目が変わっていることも多々あるし、なんでそうなったかなんて知る由もないです。ムーンライトではその感覚を呼び起こしてくれますね。

ブラック時代。ここのレストランの尺が長いです(笑)

ケヴィンに待たされるシャロンの時間を体感できると(笑)

いや~面白い

ほかの時代だとサクサク進むのにここは妙に長い(笑)

監督の技ですね

最後の方の車のシーンからキッチンまでのソワソワ感?多用してますがリアル(笑)

う----(笑)見ていてそわそわする(笑)

ムーンライト写実力高すぎです。日常とは。をかなり上手く描けてます。それ故に我々の人生がいかに地味かを教えてくれますね。私は地味にせずに派手に生きていきますが(笑)加えてこの描き方、余韻の入れ方は日本映画に通ずるものがありようなないような…

ムーンライトとララランドに共通するなと感じたところもありますね。

まずは監督の年齢

ムーンライトはバリー・ジェンキンス(1979~)で、ラ・ラ・ランドはデミアン・チャゼル(1985~)です。

どちらも30代でアカデミーを取っちゃうなんて今後の映画界は安泰ですね(笑)

にしても若いな~すごいな~どんな人生経験してきたんでしょうね?

次に思ったのは色使い!

どちらもきれいな色をほんとに使いますよね。個人的には監督二人の昔見た映画が共通してるとか?思います(笑)

美術的にも評価の高いムーンライトとラ・ラ・ランド、ぜひ一回は観てください!

[:ja]【6部門受賞!!】『La La Land(ラ・ラ・ランド)』【感想と考察】[:en] 【impressions and considerations】 “La La Land (La La Land)”【6 award winning! ! 】[:]

[:en]Hello!

I think that I will write my thoughts and impressions about Moonlight less than other articles this time!

How awful this movie. I went to the preview screening place called Filmarks!

If there is a high-level impression with this impression, it is a selling of director Koji Fukada at preview (laugh)

In addition, congratulations for winning the Academy Award, Supporting Actor Award, and Leg Color Award! ! !

It was surprising that the Executive Producer was a Bratt Pitt.

 

[Consideration × impression × spoiler presence] “Moon light” [deep]

Synopsis

Name is Sharon, nickname is Little. In a shy personality, at school being fun of “okama”, days to be targeted from bullys. For Sharon who does not even know the meaning of that word, only her classmate Kevin was the only friend. Sharon and Kevin will touch each other’s heart for the first time on the beach where the moonlight shines, on the evening of a certain day, nothing changes even if it is a high school student …

Movie review of Moonlight (2016) (impression · evaluation) · synopsis · cast | Filmarks

ストーリーはリトル(小学生くらい)・シャロン(高校生)・ブラック(大人)という3つの時代のシャロンを描いていました。

ひとつひとつの時代のストーリーは本当にシンプルで、リトル時代にいじめられていたシャロンが麻薬バイヤーのフアン(助演男優賞受賞)と出会い影響を受ける。シャロン時代ではケヴィンとキスをするが、そのあとシャロンが苛めっ子への復讐をしたことによって逮捕されて終わり、ブラック時代では内気だったシャロンはすっかりと変わり、麻薬バイヤーになっているところから始まって、最後に旧友のケヴィンとキスをして終わるという構成でした。

Advance knowledge to watch this movie

You need knowledge about the American black community.

Especially in the community it is a low-income group. There, drugs are prevailing, homosexuality is not rare so far, it is recognized as feeling that it is homosexuality. However, homosexuality is not uncommon, but it will be subject to bullying because it is disliked in the community.

 

Little Period

Sharon was a bullying boy. Only the black people in the community. It’s quite good to say that the neighborhood is a poor place that is not very good in that area.

Huan’s first appearance was also interesting, haha

 

Even if you see it, it is not stubborn, Oh, I feel like you can be killed even with a lol

But Juan and his wife were pretty good people, they did not have any words at all, but they seemed to know how to live other than buyers. It is said that he is doing a buyer without hesitation. I know that it is bad but the feeling I was doing was real.

Moreover, Sharon’s mother is Junkie and that medicine is bought from Juan … but Juan said that Sharon’s mother had stopped taking medicine! I am selling it myself but lol

The bathing with Juan was also good.

You can see that the depiction like parent and child has a big influence on Sharon without father.

Although I do not know his past at all in Juan ‘s words etc., I was still a supporting actor award, as I was feeling alive with various things.

 

Sharon period

It is a shock that the mother was about to become uncontrollable anymore … As a matter of fact people have not changed.

Sharon remained shy after all, it was bullied and it was real.

Huan also passed away. Perhaps a strife or something like that? I do not know.

The scenes that stumbled out were nice! I wonder what. Something in him broke down

Supernatural Is not it! I feel like I’m gonna kill himself seriously (lol)

Under the moonlight, at the beach scene

A bit awkward and sweet and sour scene. The picture was also beautiful

 

Black period

To what a Sharon drug dealer! ! !

wooooooo

Apparently it seems that I learned it by musho, but there were various things by the time I got to that position, but it has been rebounded.

It looks like Juan and it’s pretty strong, but the inside looks unchanged like a pattern

That mother seems to get out of the medicine and enter the facility. I reflected on it considerably, and I made up with Sharon. It was good.

There were three Sharons of the era until now the look of the eyes is just like! !

And how contact from Kevin

Kevin seems to have entered Musho after a mild crime or the like but now he seems to have his own restaurant.

From Kevin like that … Sharon … you look like I’m doing a drug dealer why.

But hey, Kevin easy! He was a warm person!

At this time the flowing music seemed romantic and remembered of old times.

 

Overall

Personally it is this movie, it is sober and it is a little political color that I got a prize for the work (lol)

But when I heard the comment by Koji Fukada, I liked it quite a bit.

First of all, important parts are quite revealed

eh! What? Are you going back to the next era? ! It was a lot (lol)

How did Juan death or Sharon become a drug dealer in the background?

It is fascinating how to make it a good film making.

Also I was caught in the movie that I can not know what I can only know by himself as much as possible in this movie.

I think that acquaintance with a friend is like this if it is reality. In fact, the fact that the acquaintance got rampant in the class next to me or my friend got into trouble can only be known to the person himself / herself. The appearance of friends who have met for the first time in several years or decades is often changed, and there is nothing to know why that has happened. Moonlight will evoke that feeling.

Black era. The scale of the restaurant here is long (lol)

I can feel the time of Sharon kept waiting for Kevin (lol)

No, it’s funny.

It’s strangely long here to go crispy in other times (lol)

It is a skill of the director

The feeling of the sofa from the car scene of the last person to the kitchen? It is heavy but it is real (haha)

W – (laugh) Looking and fidgeting (lol)

Moonlight skill It is too high. With everyday. I can draw quite well. Therefore we tell you how our life is sober. I will live flashy without making it somewhat (lol) In addition to this how to draw and how to put in the finish is like something that leads to Japanese movies …

There are places that I felt that Moonlight and Laland are common.

First of all, the age of the director

Moonlight is Barry Jenkins (1979 -), La La laund is Demian Chasel (1985 -).

Both of them are getting an academy in their thirties, the future of the film industry is safe (lol)

It is still young ~ I am awesome ~ What kind of life experience have you been experiencing?

Next thought was color use!

 

Both use truly beautiful colors. Personally do the movies that the two directors saw in common? I think (lol)

Moonlight and La La Land, highly evaluated artistically, please watch it once!

 

[:ja]【6部門受賞!!】『La La Land(ラ・ラ・ランド)』【感想と考察】[:en] 【impressions and considerations】 “La La Land (La La Land)”【6 award winning! ! 】[:]

[:]

Share it if you want!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。