こんにちは!!

こんかいは非常にお気に入りのこの一本!!

 

【SFコメディ】ネタバレ無し『銀河ヒッチハイク・ガイド』(原題: The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy)【42】

 

あらすじ

ある日、突如として上空に現われた巨大宇宙船。ヴォゴン人建設船団と名乗る彼らの目的は、地球を爆破すること。一方的な予告の後、地球の歴史は一瞬にしてその幕を閉じた…。運命のイタズラで “最後の地球人”となった平凡な英国人アーサー・デント(マーティン・フリーマン)は、実は異星人であることが発覚した友人フォード(モス・デフ)と共に、宇宙で生き抜くサバイバル術とクールな風刺に満ちた、銀河系最大のベストセラー=《銀河ヒッチハイク・ガイド》を頼りに、前途多難な旅へと飛び出すことに!そこで待ち受ける不条理にして気が滅入るキャラクターや、常識ではあり得ない事件の数々。そして旅の行く末に明らかになる、地球誕生にまつわる驚愕の《真実》とは…!?

上記動画より

 

感想&レビュー

出演者が超豪華

主演がまずマーティン・フリーマンさん!!ドラマ版シャーロック・ホームズやホビットやブラックパンサーなどで有名ですね!!

モス・デスさんは16ブロックでも有名ですね!!いい映画!

 

ハリー・ポッターのスネイプ先生で有名なアラン・リックマンさんもこのロボットの声を務めていたりもします!!

このロボットはうつ病なのがめっちゃシュールで笑えました笑

あとはこの方サム・ロックウェルさん!!

アイアンマン2の敵としても有名ですね笑

【考察】『アイアンマン2(原題:Iron Man 2)』【感想】

最近だとスリービルボードという映画で助演男優賞に選ばれたりとものすごいお方であったりもします!

 

イギリス発SFの金字塔

イギリス人の物の見方って非常に独特なんですよね笑

ちょっとひねくれてたり、皮肉気味だったり笑

ただそれが非常に面白いと私は感じますね!!!とくにSFやミステリーとかはイギリスは随一だとおもいます!

それでSFといえばですね!やはりドクター・フー!!!

詳しくは以下

【SFドラマ】『ドクター・フー(原題:Doctor who)』【紹介】

それで本作の原作者ダグラス・アダムスさんは、このドクター・フーのいくつかのエピソードの脚本を務めたりもしてるんですよね~笑

 

 

さて本題!この銀河ヒッチハイクガイドは先程も言ったとおり、エンターテインメント的なSFではなくて、どこか哲学的なSFであります!!

本作の原作の一節を以下に示します!

 

  • 地球は銀河ハイウェイの建設予定地に当たるので、工事開始に伴い取り壊される。
  • 地球を破壊することはアルファ・ケンタウリにある出張所に地球年で50年前から公示されていた。
  • 人間は地球上の生命体で一番賢いと思っているが、実は3番目で、2番目はイルカ。
  • イルカは工事を知っていて期限までに立ち退いた。その際、親切にも人間にその事実を教えてくれるが、人間は愚かにもイルカの言っていることを理解できなかった。
  • 宇宙を旅行するためのベストセラー・ガイドブック『銀河ヒッチハイク・ガイド』の「地球」の項目には「無害」とある。
  • その後地球の現地調査の結果、『銀河ヒッチハイク・ガイド』の改訂版では「地球」の項目が多少は改善され、「ほとんど無害」となった。
  • ある宇宙人が「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を計算するためにスーパーコンピューターを作る。750万年かかって導き出した答えは「42」。

Wikipedia より

どうでしょう??独特な雰囲気で面白いですよね!!

さらにこの「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」という問題に対して42という意外な答え!

でもなんとなく納得しちゃいそう笑

 

銀河ヒッチハイクガイドの何がすごいってこのようなシュールで皮肉の聞いたSFや哲学の要素をたっくさん生み出したことなんですよね!!

また、Googleでこのように検索するとちゃんと42が返ってくるという粋な仕様もあったりします笑

それほどまでにこの作品は愛されているというわけですね!

コメディでもある

ちょっと難解な映画かな~?と思ったあなた!大丈夫です!普通にコメディ映画として見ることも出来ます笑

色々な惑星を愉快な仲間たちと主に旅する話でもあるので、SFが苦手という人でも笑ってみることができると思います!!

とりあえずみんなに観てほしい!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。