Llanguage

Count per Day

  • 580630総閲覧数:
  • 208今日の閲覧数:

【MCU考察・レビュー】『ホーク・アイ3話』(Hawkeye)【感想・イースターエッグ】

今回は12/01(水)に配信されたMCUドラマ『ホークアイ』(Hawkeye)の第3話で注目したいポイントや考察・イースターエッグ、さらには今後の予想を書いていきます。特にキングピンの伏線や、今回多く登場したトリックアローなど触れていきます!あと未だ残された伏線も最後まとめます。

本記事では初鑑賞時に気になったことやイースターエッグを簡潔に書いて、考察を書いていきます。

ネタバレ注意です

以前放送されていた ファルコン&ウィンター・ソルジャー各話レビューは下の画像をクリック!

ファルコン&ソルジャー各話レビュー

ロキ各話レビューは下の画像をチェック!

ロキ各話レビュー

What If各話レビューは下の画像をチェック!

What If各話レビュー

スパイダーマンの予想はこちら!

最近の趣味

最近趣味で色々撮り始めました。カメラはZV-1で、RAWで撮ってLightroomで編集って感じです。

今回撮ったのは庵野秀明展です。

第3話『エコー』

エコー

やはり第2話ラストで出てきたキャラはエコーでしたね!

右足義足なんですね。その理由は語られるのかな?それとも先天的?今回クリントとの因縁が分かり良かったです。見どころはこのドラマで彼女はどうクリントと決着をつけるか。そしてどう単独ドラマ『エコー』につながるのかですね。

そしてそしてエコーの叔父は明らかにキングピンですよね!もしかしたらジャックかもしれませんが本記事後半の考察パートで語っていきます!

様々なトリックアロー

今回ホークアイの多種多様な矢が見れてよかったですね!!ピム粒子矢があるあたり、未だピム博士らと活動しているみたいでよかったです!

コミック版コスチューム

ケイトの書いたコスチューム案がまんまコミックでのコスチュームで笑いました笑

https://mcuprime.com/blog/hawkeye-new-clip-old-school-costume-jokes-marvel-comics/

ジャックとクリントの邂逅

第三話でついにジャックと邂逅!第2話予想通りジャックはクリントの兄、または師匠なのか。そしてソードマンになるのか乞うご期待です

第3話見終えて

キングピン登場!かも!

エコーのおじさんですがこのスーツ姿はキングピンではないかとファンの多くが言ってますね。コミックではエコーの義父でしたが実は父親の仇でエコーを騙していたとかありましたしね。それを踏まえるとこのスーツ姿はキングピンの可能性はかなりあります。

https://www.cbr.com/kingpin-marvel-facts-trivia/

キングピンの映像化は上記左からNetflix版デアデビル、スパイダーバース、アニメ版などありましたので、知っている方も多いのでしょうか。

Netflix版デアデビルは一応MCUなんですが、あまりディズニー側も関与していなかったみたいで今ではMCUに含めるか含めないかよくわからない状態になっています。しかしこの度晴れて正史扱いになるかもしれませんね!

また、Netflix版でキングピンを演じられた人が第3話配信日に上記意味深ツイートをしているのもファンをざわつかせている原因にもなっています。

ほかにはこのスーツ男はジャック説とかありそうですね。

コミックでの設定は以下です

ニューヨークの裏社会を取り仕切る暗黒街の王。 巨漢だがただのデブではなく、一見脂肪の塊に見えるその身体は、実は規格外の筋肉の塊。そのため普通の人間としては高水準の腕力を誇る。

主にスパイダーマンやデアデビルなど、ニューヨークのクライムファイターと敵対することが多く、古参であり宿敵の一人。 ブルズアイ、エレクトラなどを暗殺者として雇っていた。

デアデビルを精神的、肉体的、社会的にとことん追い込んだり(ボーン・アゲイン)、獄中にいるにもかかわらず殺し屋を雇ってスパイダーマンの叔母メイを殺害したりしている (「シヴィルウォー」〜「ワン・モア・デイ」)。

https://w.atwiki.jp/studentx/pages/418.html

今後の展開

ホークアイに残された伏線として以下が考えられます

・ジャック(ソードマン)がどう関わってくるか

・殺人の犯人(私は母親説を推してます)

・クリントの贖罪

・テスがどう関わるか(クリントの家族狙いそう)

・エコーがどう許すか(単独ドラマあるし復讐鬼で終わらないはず)

・ナターシャの妹エレーナがどう関わるか

残り3話!第4話以降どうなるか気になりますね!

第4話について